よくある質問

Qサンメンバーズに入るメリットは何ですか?
A結婚式、成人式、七五三など日本の伝統文化である儀式を安価で提供いたします。また誰もが必ず行うお葬式。いざという時の為、事前に葬儀の準備をすることで多額の費用出費の心配が無くなります。更に会員の方は日常生活にも便利でお得な会員割引や「ふれあい倶楽部」提携店にて様々なサービス特典も受けられます。
Q口数とは何ですか?
Aサンメンバーズのコースは「サファイア1口コース・2口コース・3口コース・5口コース」。口数の違いで目的別・グレードアップなど、ご予算とご希望(プラン)に合わせた儀式をお選びいただけます。
Q掛金の期限はどのくらいですか?
A1口:月々1,000円×120回=10年間となります。掛金完納後もご利用されるまで権利は永久に保存されます。但し、契約の解除(解約)をされますと無効になります。
Q本人以外の家族でも使えますか?
A同居の世帯ご家族までが利用対象となります。加入申し込み時に申し込み欄に対象者をご記入いただきます。
Q入会の仕方を教えてください。
Aお電話1本ですぐに指定の場所にお伺いいたします。弊社各式場でも大丈夫です。契約約款の読み合わせと商品説明が終われば契約書の作成となります。銀行印と通帳番号、初回分の掛金を現金でご用意いただくだけです。
Q結婚式やお葬式以外に何に使えますか?
A七五三・成人式・ご法事など人生の記念日や儀式にご家族皆様でご利用できます。他にも会員特典の割引など多くのメリットがあります。
Qどのくらいサポートしてもらえますか?
A冠婚葬祭はもちろん、日常生活での特典も多数あります。またサンメンバーズ顧問弁護士による法律相談の紹介や、司法書士による無料相談なども提供しております。
婚礼では衣装から引き出物料理までワンストップで婚礼が可能です。
葬儀では病院搬送から打ち合わせ、役所手続きや会場設営、葬儀後の後飾りまで対応。
その後の事務手続きなどあらゆる仏事の相談業務も行っております。
Qサンメンバーズに入ってから、どのタイミングで使えますか?
A加入したその日からご使用できます。払い込んでいる途中でも、施行時一括清算する事で、いつでもご使用可能です。但し加入後180日以内(保険の免責期間と同じ)でのご使用時には早期利用費がかかりますので、早めのご加入をお薦めします。
Q掛金は変動しますか?
Aご入会時の掛金は、完納まで一定です。ご契約の提供内容は、いくら物価が上がっても保証されます。値上がり分の負担はありません。
また、現在8%の消費税が将来たとえ何%上がっても加入時の消費税が適用されますので、何十年たってもご加入された時点の消費税のままです。
Q深夜でも対応してもらえますか?
Aいつ起きるか分からないお葬式。365日24時間営業ですので、真夜中でも大丈夫です。病院や施設、ご自宅等から直接さいたまセレモニー(0120-87-4444)にいつでもお電話ください。
専門のスタッフがすぐにお伺いいたします。
Q引っ越しや転勤等で住所が変更になった場合はどうなりますか?
A転勤やお引越しなどで転居されても、転居先にある日本全国の全互協加盟互助会への移籍ができます(移籍先の役務サービスになります)。せっかく掛けた掛金が無駄になることはありません。手続きも当社で行います。ご遠慮無くお申し付けください。
Qプランの変更の仕方を教えてください。
Aプランの変更は口数を増やすことで、いつでも可能です。手数料もかかりません。
ただし一旦口数を減らして、再度追加加入する場合には、ご利用時の消費税率が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
Q掛金の支払いが終わったらどうなりますか?
A掛金完納後は、掛金をご利用になるまで半永久的に権利は保存されます。市内レストランやホテル、提携店舗での割引特典、会員旅行など、日常生活でサンメンバーズをご活用いただき快適・便利なサンメンバーズライフをお楽しみください。
Q30年ほど前にルビーコースに加入し、完納しています。今でも使えますか?
A権利は保証されていますので大丈夫です。ただルビーコースなど古いコースは自宅葬儀が前提となっていますので、現在販売しているホール葬儀対応型のサファイアコースに掛け替えたほうが提供内容も金額もお得になります。
Q加入者が亡くなった場合、契約はどうなりますか?
A個人の契約ですので、相続人の方による名義変更手続きが必要となります。ご高齢の方の契約の場合は、事前に名義変更をお薦めしております。弊社以外での葬儀施行の場合は、振込先名義人との続柄証明、住民票除票などが必要となります。
Q解約の仕方を教えてください。
Aお近くの営業所・式場、又はご自宅にて手続きができます。ご本人が確認できる証明書・印鑑をご用意ください。
サンメンバーズは儀式委託契約ですので、契約と同時に儀式提供の準備に入ります。会員情報の管理や定期刊行物の配布など様々な契約維持コストが発生しますので、解約時にはその維持管理コスト分を解約手数料として差し引き、残りを返金させて頂きます。(解約のお申し出から45日以内に加入者本人口座へご返金)