ご葬儀までの流れ

1ご逝去

※ご自宅でお亡くなりの場合、主治医がいない方は初めに最寄りの警察へご連絡ください。検死を行う場合がございます。

病院の場合は、ご衣裳を整えたり薄化粧などして頂けるところもあります。 故人様を搬送するために、さいたまセレモニーへ直接連絡をいただくか、看護師さんに「さいたまセレモニーに連絡お願いします」と頼んでください。

※病院指定の搬送業者を利用しなくても済む場合がありますので、ご注意ください。
会員方は搬送料金がセットされていますので、他社に依頼すると二重払いになってしまいます。

2お迎え・安置

病院などの安置場所に寝台車がお迎えにあがります。
病院を出発する際に医師の死亡診断書が頂ければご依頼してください。
ご自宅等または当社の安置施設へ故人様を搬送し、枕飾りなどお線香を手向けられる準備やご遺体の保全処置をして安置いたします。

3ご葬儀の打ち合わせ

打合せの前に必ず菩提寺、隣組様へのご連絡をお願いします。
ご遺族のご要望、ご予算、希望の日程、会葬人数に応じて葬儀の詳細についてお打ち合わせいたします。故人様の安置が深夜になった場合、翌日に打ち合わせを行うことも可能です。
詳細が決定しましたら、葬儀・お通夜の日時・場所を親類、知人、会社関係者などへご連絡をお願いします。家族葬や密葬などをご希望の場合、周囲への連絡方法について専門のスタッフがアドバイスいたします。

4湯灌

故人様のお体を清める湯灌の儀を行います。清浄綿でお体を拭いたりするだけの簡易湯灌、専用の移動式バスタブを使った本格的な湯灌などいくつか方法があります。長く病院に入院されお風呂に入れなかった方にはご利用される方が多いです。
※湯灌の際に、故人様のお好きだったお衣装にお着せ替えする事も可能です。

5納棺

ご遺体を清めて旅装束(仏衣)にお召し替えいただきます。故人様の生前好きだったものや、故人様との思い出の品など一緒に収めたいものがございましたらご準備ください。
※金属・厚手の本・ペースメーカー等は納棺できません。

6お通夜・葬儀のご案内

最近ではお通夜への弔問者が多くなってきております。通夜式中の喪主挨拶など希望があれば事前に宗教者との打ち合わせをしましょう。通夜式の進行は宗教者と連携し、さいたまセレモニー担当者がお手伝い致します。

7通夜振る舞い

ご住職やご親族、親しい友人、隣組様をお招きしお通夜の会食をおこないます。
通夜の労をねぎらうとともに、故人様を偲んでの会食となりますので、宗教者や隣組様などお手伝いの方々への接待も行いましょう。

8お通夜

お通夜の晩は親族控室にて、お線香を絶やさないよう何人かで付き添うのが望ましいです。
寝具・お風呂付きのご自宅同様の控室で、故人様と最後のひとときをお過ごしください。

9葬儀・告別式

葬儀開始の15~20分前にはご遺族ご親族、会葬者に着席していただきます。当社の葬儀担当者が式進行を担当し開式致します。宗教者の儀式が行われ、弔辞・弔電の紹介・喪主謝辞、ご焼香をおこないます。
最近は葬儀式後に、繰り上げての初七日法要を行う場合も多くなりました。

10荼毘(火葬)

火葬は地域の風習により異なり、火葬を葬儀式の先に行う「前火葬」、式の後に行う「後火葬」に分けられますが、ご遺族や宗教者のご希望や式全体の流れを見てご判断頂きます。
火葬場では専門スタッフが館内のご案内やおしのぎ(軽食)のお手伝いをさせていただきます。

11精進落とし

葬儀式または火葬終了後、ご僧侶やお世話になった人たちを招いて精進落とし(忌明けと言う地域もある)を行ないます。喪主より、お葬式が滞りなくすんだことへの感謝と、関係者への感謝を伝えます。精進落しが終わると、葬儀当日の儀式は終了となります。

12後飾り

お葬式終了後、ご自宅に後飾り祭壇をお飾りいたします。49日まではこの祭壇で故人様をお守り頂きます。49日法要後には当社にてお片づけも致します。

13葬儀後のサポート

お葬式終了後も、法事の手配や追善供養の準備、役所手続きなどのサポートまで、スタッフが心のこもったサービスで対応をさせていただきます。国産にこだわった仏壇、位牌の手配から、信頼できる地元の墓地、墓石屋さんのご紹介などもお手伝いさせていただきます。