オリンピックは盛大なるお葬式が起源!

埼玉県本庄市の中山道をオリンピックの聖火ランナーが走り抜けました!沿道の応援者にはスタッフがランダムにタオルを配っていましたが、近くの女性はもらえて私はもらえませんでした(涙・・・)でもその方から借りて記念写真だけ取らせて頂きました。開催や中止、無観客だ有観客だと騒がれていますが、いざ始まれば盛り上がるのでしょうね。

ちなみオリンピックの起源は、お葬式のような宗教儀礼だったって知ってました?詳細はネットからですが、ホメロスいわく、トロイア戦争で死んだパトロクロスの死を悼むためアキレウスが競技会を行って慰めたのが始まりだとか。。

まさに人の死を多くの人が参加して追悼した社葬やお別れ会のような感じでしょうか。最近は直送や一日葬など地味なお葬式が増えてきましたが、多くの人との絆の中で生きて来た故人様が誰とも合わずに、ひっそりとこの世を去っていい物なのでしょうか?誰しも世話になった人にお礼を言いたいのではないでしょうか?式を取り仕切るご遺族ご親族は大変ですが、故人様の本当の気持ちってなんなんでしょうかね?家族葬でも一般葬でもお金を掛けずに行う方法はいくらでもあります。その為に我々葬祭ディレクターも存在していますので、遠慮無く相談していただけると嬉しいですね。

かけがえのない故人様の本当の意思を形にする為、頑張ります!とにかくコロナ感染には皆様十分お気を付け下さい。

投稿日:2021年07月08日